最近私が聴いている音楽で本当に様々にフィーチャーされてまくっている、Twin Shadowというアメリカのミュージシャンの、自身の最新アルバム“Caer”が実に素晴らしい仕上がりで、リリースされて以来聴きまくっています。

個々の曲のクオリティがいちいち高くて、全曲シングルカットされてもおかしくないくらいの充実度なのがスゴイ。秀作揃いの2018年の”The Album of the year”の上位に食い込んでくること間違いなしです。

Twin Shadowの音楽はキャッチーで分かりやすいメロディをベースに、壮大でドラマチックな展開をみせることが多い印象で、それでいてどことなく懐かしさを感じさせるところもなかなか心憎いです。

過去作のいずれも良いアルバムという実力派のミュージシャンなのですが、最新作”Caer”は群を抜いています。太っ腹にもYouTubeのオフィシャルアカウントでアルバム収録曲のほとんどが公開されているので、以下に何曲か貼り付けておきます。良い曲ばかりなので、ぜひお聴きになってみて下さい。

 

Twin Shadow – Brace feat. Rainsford

 

Twin Shadow – Saturdays feat. HAIM

 

Twin Shadow – Sympathy feat. Rainsford

 

Twin Shadow – Littlest Things

 

Twin Shadow – Too Many Colors

 

Twin Shadow – Bombs Away (RLP)