こんにちは、インタレストです。

本日は真冬にも着られるヘビーアウター類(=コート類)を詳細にご紹介する詳報の第2弾として、LOKITHOのチェスターフィールドコート2色、ANITYAの”ECWCS”コールドウェザーコート2色の全4点をご紹介いたします。

 

★強い自負と思い入れのあるコート特集の第2弾です

秋冬シーズンのオーダーにおける最難関は、一貫してヘビーアウター類(=コート類)のセレクトです。秋冬シーズンの「顔」として、どのブランドも力の入ったアイテムを提案してくれるので、迷いに迷って困りに困って、オーダーシートを提出する頃には頭がクラクラさせながら決定しています。

「コートはまだ着るのは先だから」とあなどることなかれ、動きのはやいアイテムはコートであろうとニットであろうと秋がやってくる前に完売いたします。私たちとしても、絞り込んだ末に実際に入荷している各ブランドのコートたちには、一際強い自負と思い入れがあります。

気に入ったアイテムがありましたら、ぜひお早めにご検討&お試し下さいませ。

 

★入荷アイテム詳報~19AWシーズンのコート特集記事
  • 第1弾:Robes&Confectionsのガウンコート、tiit tokyoのカウチンニット、ANITYAのフライトジャケット >こちらから
  • 第2弾:LOKITHOのチェスターフィールドコート、ANITYAの”ECWCS”コールドウェザーコート >本記事です

 

 


 

LOKITHO

デザイナー:木村晶彦

先端的な”made in Japan”の素材・加工を駆使して、ストイックで洗練された洋服たちを生み出します。
パターニングや縫製など「つくり」も誠実かつ丁寧で、隙がありません。
一方、多様な技術を駆使して毎季リリースされるオリジナルの柄生地は一貫してどこか懐かしい印象で、
あるいは彼らの洋服を着たときの美しいシルエットは奇をてらわず、いずれも「郷愁」を感じさせる意匠です。
エッジの効いたファッション的なエレガンスでありながら、時代を選ばない普遍性も兼ね備えます。

 

 

 

ANITYA

デザイナー:岸知良

「ファッション」「モード」に寄りすぎない。かといって「日常着」「汎用着」にも寄りすぎない。
「女性向け」でも「男性向け」でもない。何事にも偏らず「中正」「中庸」である。 
この抽象的なブランドコンセプトは、パターニング・素材選び・縫製までデザイナーが一貫して手がけるコレクションと、
そしてそのアイテム1点1点、そのディテール一つひとつにまで具体的に落とし込まれます。 
ミニマルかつ無垢でありながら決して「普通」ではない、どこかで見たことがあるようで決定的な何かが違っている、
透明感の塊のようでいて凜と主張する。そんな「中正」の洋服たちが、あらゆる別々の個性に心地よく寄り添います。  

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから

 

 

以下、いつも通り物撮り画像とスタイリング画像とをたっぷりご覧下さいませ。

(スタイリングのモデルの身長および着用サイズは下記いたします。表記価格はすべて「税抜価格」です。)

続きを読む