何かで「いま日本発のシティポップが熱い!」という話を聞いていろいろ調べていたら、割と最近リリースされたこちらのYouTube動画を見つけました。

ちょっと音楽好き向けのネタもありつつですが、その現状と背景・理由について、とても分かりやすく解説してくれています。「山下達郎がKingで竹内まりやがQueen」というのは言い得て妙ですね。このYouTuberさんは高度な見識がありながらとても謙虚で、耳あたりの良い動画でした。

「シティポップとはなんぞや」という方も、ぜひ以下の2本の動画をご覧になってみて下さい。懐かしいあの歌やこの歌が登場しますよ~♪

 

シティ・ポップが海外で大人気すぎる理由とは?(みのミュージック)
シティ・ポップが海外で大人気すぎる理由とは?

 

シティ・ポップが海外でウケた理由はYouTubeの気まぐれ!?(みのミュージック)
シティ・ポップが海外でウケた理由はYouTubeの気まぐれ!?

 

 


 

動画で登場していた曲も含めて、「THE シティポップ」ともいえそうなナンバーを集めてみました・・・が、この特集の場合当時の音源で聴かないと意味がないと思うので、そうなると結構ハードルが高くてなかなか見つからなかったです。汗

ただこうして数曲聴き直してみるだけでも、J-POPの中でも屈指の洗練されたカッコ良い音楽たちだと感じますね。海外の日本語が分からない音楽通たちに評価されるのもうなずけます。

いや、しかし確かに、YouTubeはもとよりSpotifyなどの配信サービスでもまったく聴くことのできない山下達郎さんの音楽が、こうしてアップできるというのはある意味画期的かもしれないです。そのうち消されるんだろうか・・・。

山下達郎 – Ride On Time
Tatsuro Yamashita – Ride On Time

 

山下達郎 – LOVELAND, ISLAND
山下達郎-ラヴランド,アイランド/Tatsuro Yamashita-Loveland,Island-MV

 

竹内 まりや – Plastic Love
Mariya Takeuchi Plastic Love 竹内 まりや

 

竹内まりや – 不思議なピーチパイ
不思議なピーチパイ  竹内まりや

 

大瀧詠一 – 君は天然色
大滝詠一 君は天然色 (ORIGINAL TRACK )

 

大沢誉志幸 – そして僕は、途方に暮れる
そして僕は、途方に暮れる / 大沢誉志幸

 

松原みき – 真夜中のドア~Stay With Me
MIki Matsubara – 真夜中のドア / Stay with me

 

大貫妙子 – ピーターラビットとわたし
Taeko Onuki – ピーターラビットとわたし (Pītārabitto to watashi) [CD Book version] [Palette]