対象アイテム全点10%オフの「スペシャルウィーク」特設ページはこちら(~11/30)>

<スタイリング強化月間>
インタレストを彩る洋服たちを「インタレスト流」ルックでご紹介いたします!
スタイリングの記事一覧>
オンラインストアの新作一覧>

当店のメールアドレスを装う「なりすましメール」(迷惑メール)が一部のお客様に配信されております。万が一届きました場合は、即刻削除して頂きますようお願い申し上げます。
・詳しくはこちら>
・「なりすましメール」を届かなくさせる方法はこちら>

 
最近の日記


 
新日記 (2015年春夏~)

テーマ別 (2015年春夏~)


月別


旧日記 (2012年春夏~2014年秋冬)

月別 ※表示されるまでに少し時間がかかります。

Tag: Rosa (page 1 of 2)


<メンテナンスガイド>半年物の「Rosa(トーマス・ブラック)」を初フルメンテナンス!ドレスウェアとも合わせられる「色気」のある容姿に大変身♪

こんにちは、インタレストです。

先日の「5年物のMUKUのお手入れ(BEFORE/AFTERの画像)」に続きまして、同じくkokochi sun3の、今回は半年物のRosaのケアをしてみました!履きおろしてから初めてのフルメンテナンスです♪ もちろん「BEFORE/AFTER」の画像もたっぷりご紹介いたします!

 

こちらが「BEFORE」の状態。スタッフY私物のkokochi sun3「Rosa」(トーマス・ブラックの半年物)です。前回のMUKUが5年物だったことに比べると、このRosaは半年物ですので、もちろん傷の量や深さ・色の褪せなどはまだまだ少ないのですが・・・そもそもこの靴、たとえばLOKITHOの春夏シーズンのドレスウェアとも合わせたいと考えてつくった靴なので、こんなにくすんでしまっている場合ではないのですよね。笑

全体的に、「ブラック」ではなく「チャコールグレー」くらいの色味に落ち着いてしまっているのも気になります。これもなんとかしましょう~!

ところで今回一度ケアをしようと思った背景として、たとえば1週間で2~3度という程よい着用頻度をキープしている場合、「おろしてから半年後」というタイミングは、最初のフルメンテナンスをするのにピッタリであるということもあります。(1)新品時に革自体が含有しているオイル分が抜けて(=オイル分を必要としている)、(2)着用により革の繊維もなじんでやわらかくなり(=シミになりにくくなる)、(3)「BEFORE/AFTER」の違いがハッキリと出る(=シューケアの醍醐味を味わえる)、などがその主な理由です。

 

今回のケアでは、(1)ドレスウェアとも合わせられるよう一定の光沢を上げる、(2)「ブラックの靴」になるよう全体的に補色する、この2つのポイントをメインに据えますが、もちろんその過程で傷や剥がれなどについても分からないように補修していきます。

画像1枚目ではやや深めのかすり傷が、画像2枚目では履き口の革の剥がれが、それぞれ確認できますね。

 

ちなみに、「黒い靴」のメンテナンスは、シューケア初心者の方にもたいへんオススメです。「黒い靴に黒いクリームを入れる」という作業は、相対的に失敗するリスクがとても小さいからです。そしてそうであるにもかかわらず、「BEFORE/AFTER」でハッキリと違ってくるので、「やりがい」も感じやすいです。

私・店長D自身、前回のMUKUのときは指先までつかって繊細かつ丁寧にケアをしましたが、今回は大まかな方針のもとで短時間にサクサク進めていきました。「トーマス・ブラック」という扱いやすい革が相手だったということも大きいですね。素手ではなく布をつかってクリームを入れたので、手もほとんど汚れていません。

向かって左が「BEFORE」、同じく右が「AFTER」です。とても分かりやすいですよね♪

 

それでは以下、今回のケアの概要・つかったケアグッズ、そしてケアの「BEFORE/AFTER」についてご覧下さいませ!

Read more

<メンテナンスガイド>kokochi sun3のレディースヒールシューズ3種の「ヒールの破損」、きれいにお直しできます!

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

この日の日記でご紹介した馬革グリーンの色味がステキなブギウギ5EYEですが、先日、この靴をご愛用下さっているオーナーさまからあるご相談を頂きました。
01-p1850117

02-p1850114

それは、このように「ヒールの側面が削れてしまった!」というご相談でした。私自身はkokochi sun3のヒール靴ではまだ経験がありませんが、他のヒールシューズを履いていたときにマンホールの穴にヒールを取られてしまって、その側面を大きく削ってしまったことがあります。そのときは本当にどうして良いのか、ただただうろたえてしまったことが思い出されます・・・。
03-p1960442

04-p1960439-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

ヒール表面の革が削れて、中のプラスチック芯が見えています。オーナー様は「履き心地が良いから、たくさん履きすぎてしまって・・・」と仰っていました。そのこと自体は私たちにとって、すごく嬉しいことです。このように故障してしまってもご自身では諦めず、この靴のオーナー様のように、ぜひ私たちスタッフまでお気軽にご相談下さいませ!
05-p1960431-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

この靴を制作した靴作家の森田さんに相談したところ、「すぐに直せます!」とのことで、お客さまからお預りして工房に送ったところ、ほんとうに「すぐに」とてもきれいな状態になって戻ってきました!

作り手が直接、いわゆる「純正」のリペア施してくれるというのが、kokochi sun3によるハンドメイド革靴の大きな魅力です。それにしても、このリペアの仕上がりには店長Dと一緒にとても驚いてしまいました!

以下、そのリペアのBEFORE&AFTERをご覧下さいませ!

Read more

<お客様のkokochi>馬革グリーンの人気が沸騰中♪Rosaとブギウギ5EYEのヒール靴2足もかわいいです!

こんにちは、インタレストです。

本日はシリーズ「お客様のkokochi」(→新日記の記事旧日記の記事)、お客様によるkokochi sun3のオーダー靴をご紹介いたします!(お客様にお許し頂いた場合のみ、ご紹介しています。)

 

今回は、ここのところ注目を集める「馬革グリーン」でつくられたRosa(48,000円+税)ブギウギ5EYE(45,000円+税)の2足をご覧頂きます!

実は最近、インタレストの店頭で馬革グリーンの人気が沸騰中です!馬革ではネイビーやキャメル・ワインなどの陰に隠れていたグリーンですが、本日2足目にご紹介するブギウギ5EYEが驚くほどにかわいらしく、この靴の実物や画像をご覧になったお客様が次々にグリーンでオーダーを下さるという連鎖につながっています・・・!

グリーンは革靴の色としては定番色ではありませんので、いざオーダーしようとすると勇気がいるという部分もあるかもしれませんが、本日の記事をご覧になればその認識も覆ることと思います!また、絶えずオーダーを頂き続ける大人気ヒール靴であるRosaとブギウギ5EYEとの相性が抜群という意味でも、今後さらなるブレークの予感ですね♪

01-P1940713

02-P1850114

 

それでは以下、馬革グリーンでつくられた2足のヒール靴をジックリご覧下さいませ~!

Read more

<新入荷> kokochi sun3より「Rosa」2足と「ブギウギ5EYE」2足が入荷いたしました!(現品をお求め頂けます♪)

こんにちは、インタレストです。

kokochi sun3の全モデルの中でも、純粋な「足数」という意味では、おそらくこれまで最も多くお嫁入りしているヒール靴2モデル「Rosa」「ブギウギ5EYE」

この2モデルについては例外なく現品がそのまま嫁いでいくのですが、そのタイミングが重なって、Rosaもブギウギ5EYEも店頭在庫が「ゼロ」という困った状態が2ヶ月近く続いていました(申し訳ありません・・・)。今回それらの新入荷があり、両モデルともに23.0cm、23.5cm、24.0cm(←スタッフYの私物)の各サイズが店頭に揃いました・・・!これらは店頭にていつでもご試着頂けますし、もちろん現品そのものをお求め頂けます!

02-P1930890

01-P1930888

 

そして本日の日記では、今回入荷した4足を早速たっぷりご紹介いたします!

いずれも私たちが頭をひねって丁寧に&こだわってデザインして、そして森田さん自身がいつも通り誠実につくってくれた靴たちです!実物では、デザイン時に狙ったディテールのニュアンスがバッチリあらわれていて、事前に聞いていた通り革の状態もとても良く、その仕上がりには大大大満足です♪

04-P1930884

03-P1930767

 

それでは以下、器量好しの4足の靴たちを、ジックリご覧下さいませ!

Read more

<メンテナンスガイド>革靴のレザーソール側面の「色剥げ」、とても簡単に&きれいに補色できてしまいます!

こんにちは、インタレストです。

革靴のレザーソールの側面は、地面にこすれたり壁に当たったりするので、普通に履いていてもすぐに色が剥げてきます。そのことは革靴としての機能を損なうものではまったくありませんので、ご自身で気にならなければ、放っておいても問題ありません。

ただし、「ソールに濃い色が入ってこそ完成するデザイン」という靴もあろうかと思いますし、何よりも実際にお客様からのご相談が多い案件ですので、本日はそのことへの対処法をご紹介したいと思います。ちなみに、方法はごく簡単で、かつとてもきれいに仕上がります。ぜひご家庭で実践してみて下さいませ!

「レザーソールの側面」とは、この画像で見たときは、ソールのつま先部分です。
P1780887 - コピー

ここですね。履く頻度や歩きグセなどにもよりますが、遅かれ早かれここは必ず剥げてきます。この靴は当店スタッフYの私物で、もとは「ロウ・ブラウンソール」の仕上げですから、光沢のある美しいブラウンソールでした。履き始めて2ヶ月間ですが、今はブラウンが落ちてベージュになっています。
P1780890 - コピー

★今回は冒頭で「BEFORE/AFTER」のイメージをご覧下さいませ!

今回モデルになったのはYが自分用に欲しいとオーダーしたkokochi sun3 「Rosa」なのですが、この靴を見られたり履かれたりして、実際にオーダーを下さるお客様がグンと増えました。「超」人気靴であるブギウギ5EYE、そしてストラップが付いて同じくオーダー急増中のブギウギパンプスと並んで、kokochi sun3の「ヒール靴御三家」の1足として、そのプレゼンスがどんどん高まっていく予感です・・・!

新品地の状態: まずこの画像が、新品時の状態です。馬革キャメルのボディを、それよりも濃いめのロウ・ブラウンソールが引き締めるデザインです。
P1730713 - コピー

補色ケアの前: ソールの側面のブラウンが、ぐるり一周剥げ落ちています。
P1780885

補色ケアのあと: 下の方で改めてご覧頂きますが、ソールの側面については、新品時に近い色つやが復活しています。
P1780904

*ビジネスシューズやフォーマルシューズでは必須のメンテナンスです!

今回のソール側面の補色ケアは、ビジネスシューズやフォーマルシューズでは必須のメンテナンスです。本日ご案内するカジュアルシューズの場合よりも、断然その優先度が高いです。「オン」で履く革靴の側面が剥げているのは格好がつきません。ぜひ定期的な補色ケアをなさって下さいね!

P1420879

P1470321

 

それでは以下、今回の例は、kokochi sun3で頂くオーダーの3足に1足はこれという「ロウ・ブラウンソール」の補色ケアの方法を簡単にご紹介いたします!そしてそのあとに「BEFORE / AFTER」の多くの画像を載せておりますので、合わせてご確認下さいませ!

Read more