以下はInstagramの画像です。

 
最近の日記


 
新日記 (2015年春夏~)

テーマ別 (2015年春夏~)


月別


旧日記 (2012年春夏~2014年秋冬)

月別 ※表示されるまでに少し時間がかかります。

Category: 洋服の素材のこと (page 1 of 5)


ワークウェアや機能ウェアは、傷ついても汚れても、気にしない、気にしない。

ホント、何でもない内容なのですが(笑)、本日はちょっと思うところがあったのでコラムでございます。


今朝、小雨(←私の中では)のなか自転車を走らせていて、いま考えてみると全然そんな大げさに避ける必要はなかったのですが、どういうわけか前を歩いている方の横を大きくよろけてしまって、そのままガコンと音を立てて土の中に落ちてしまいました。

気合いで転びはしなかったのですが、どうも草の茂みに体当たりしてしまっていたようで、自分の上から下まで右サイドがグリーンに染まっていて・・・笑。

夕方くらいまで外出の(=つまり人と会う)予定なのに・・・と、ほんの一瞬だけ落ち込んだのですが、すぐに「逆に今日着ていたのがこの洋服たちで良かった~」とポジティブな気持ちになれました。

画像1枚目のデニムパンツなんて洗えばいいですし、画像2枚目のレザージャケットなんてまったく目立ちませんしね。それにこれらなら、仮にシミになって残っても全然いいやという気分です。考えてみたら、今日は雨模様の予報だったのでこの両者にしたのでした。(ちなみに、あえて汚れが目立つように撮影していますが、ともにまぎれてしまって遠目には気づきもしないレベルです。)

  

 


靴に傷が入るのは、代わりに傷つくはずだった足を守ってくれているためです。同様に、デニムパンツなんてワークウェアですし、レザージャケットなんて機能ウェアですから、傷が付いてナンボ・汚れてナンボなのかもしれません。もちろんドレスウェアなどはその限りではありませんが、それですらたとえばリメイクして他の洋服に生まれ変わる余地があったり、すべての可能性が閉ざされるわけではありませんよね。

インタレストの洋服でいうなら、「上質な普段着」とカテゴライズしてご提案しているSancaの洋服たちなどは、じゃんじゃんゴリゴリ着て頂きたいというのが私たちのホンネです。実際そのように着て頂いている「お客様のSanca」は、本当にカッコイイ表情に育っています。ちょっとやそっとでは壊れない丈夫な洋服たちですので、皆様のそばで「ギア」として扱って頂けましたら嬉しいです♪


私も洋服が好きになった頃は思い入れが強すぎて、細かな傷1つで落ち込んでいたりしたのですが、最近は良い意味でズボラになり、滅多なことでは気にならなくなりました。むしろ、洋服たちが自分と一緒に年輪を重ねていくかのようで、愛しさすら感じられるようになったりして・・・。

ちなみに、レザージャケットは夕方お店に到着したときにクリーナーでゴシゴシしてみたのですがほとんど取れず、そのあと普通にデリケートクリームを塗ってメンテナンス終了です(笑)。帰ったらデニムパンツを洗ってみようと思いますが、考えてみるとこのパンツを洗うのは相当久しぶりです。色が落ちてガラッと雰囲気が変わるかも??楽しみです!

 

<お問い合わせ>

  • 24時間以内に当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • 定休日(火曜日)以外であれば、お電話(03-6457-5360)でのお問い合わせが確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さい。

 

<入荷アイテム詳報>Robes&Confectionsの2018年春夏シーズンの新作より、真打ちのお宝シリーズ(1)「JohnHallidayモヘアトロピカル」全点を一挙に&詳細にご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

いよいよ入荷したRobes&Confectionsの今季春夏シーズンのテーラードラインより、本日はJohnHallidayモヘアトロピカルシリーズ4点と、新作の「白シャツ」1点の計5点を一挙にご紹介いたします!

 

★他では手に入らない「プレミアムテキスタイル×ファッション×本格派カジュアルテーラード」!

先日の「速報の速報」でもお話ししましたが、今季のRobes&Confectionsのテーラードラインは完全に「宝の山」です!歴史と権威・実績のあるプレミアムテキスタイルをつかったレディース&メンズのラインナップは凄まじい迫力です・・・!

また、本来であればセミフォーマルorビジネステーラードでつかわれるであろう上質かつ高級なテキスタイルを、「いま」を感じさせるファッションなカジュアルテーラードに落とし込み、かつその本格仕様のままレディースラインを完全に揃えている(=通常メンズはあってもレディースはない)、さらには価格的にもこれ以上ないレベルで「やさしい」などという点で、本当に貴重で価値のあるアイテムたちだと思います!

大きくJohnHallidayモヘアトロピカルシリーズとLINTONツイードシリーズに分かれるプレミアムテキスタイルによるテーラードラインのうち、本日は前者につきまして、スタイリング画像なども交えて詳細にご紹介いたします!

ご一緒にものすごく「テーラード映え」する、「テーラードブランドがつくる白シャツ」もご紹介いたします!不思議なことにここ2シーズンリリースがなかった、テーラードブランドがつくる正統派の白シャツ、ジャケットスタイルを好まれるお客様は必携の1点です!

 

Robes&Confectionsとは

デザイナー:土屋郷

大黒柱である確かなテーラリング技術に、時代時代の「ファッション」のエッセンスを巧みにブレンド。
常に「いま」を感じさせるカジュアルテーラードのスタイルを主軸にしています。
メンバーの大半がパタンナーというプロフェッショナルたちがキャリアを積み重ねて、
いまではワンピース・スカートといったレディースウェアやメンズラインなどが総合的にリリースされています。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから!

 

デザイナーの土屋さん自身、「つかうのが恐れ多い」と数年間温めていたJohnHallidayモヘアトロピカル、満を持してのリリースです!

以下ジックリご覧頂きまして、そしてご興味を持ち頂けましたらぜひぜひお早めにお試し&お求め下さいませ!

Read more

<入荷アイテム詳報>Robes&Confectionsの2018年春夏シーズンの新作より、「絶対買い!」なトレンチコート(2色)をご紹介いたします!

こんにちは、インタレストです。

本日はRobes&Confectionsの今季春夏シーズンの新入荷アイテムより、新作のトレンチコート1型2色をご紹介いたします!

このアイテム、率直に申し上げて「絶対に買い!」です。「後悔しない買い物」・・・どころか、きっと何年経っても「これは買っておいて良かった」と思って頂けると思います・・・!私たちがそう考える理由は以下、たっぷりご案内いたします!

 

Robes&Confectionsとは

デザイナー:土屋郷

大黒柱である確かなテーラリング技術に、時代時代の「ファッション」のエッセンスを巧みにブレンド。
常に「いま」を感じさせるカジュアルテーラードのスタイルを主軸にしています。
メンバーの大半がパタンナーというプロフェッショナルたちがキャリアを積み重ねて、
いまではワンピース・スカートといったレディースウェアやメンズラインなどが総合的にリリースされています。

現在販売中のアイテム一覧(オンライストア) > こちらから!

 

昨日入荷したばかりのこちらのアイテムを、翌日に詳報するというのは「まさに今このタイミングでお手元に!」という気持ちからです。以下、ぜひジックリご覧下さいませ!

Read more

雪の日のアウターに、実はウールのコートもオススメです!インタレスト流・雪の日のスタイリング例&オススメアイテムです♪

こんにちは、インタレスト(本日はスタッフY)です。

先日、あるお客さまとの間で話題に上ったのが、「雪の日には、実はウールのコートがピッタリ!」という「発見」でした。

ウールには元々動物性の油分が含まれているので、水を弾きます。ですので、ふわりとついた雪の水分はコートの中に染みこまず、屋内に入る前にパタパタとはらい落とせばOKなんです。

アウターの「ダウン」は、私は持っていないのでわからないのですが、防水性のものでない場合は、溶けた雪の水分が中に染みこんでしまって、大変なことになるケースも多いようです。

昨晩、自分のコートについた雪を見て、思わずその会話を思い出しました。この通り、雪はウールのコートに「乗っている」感じで、この後パタパタはらったらきれいに落ちました♪ (もちろんその後、一晩ハンガーにつるして干して乾かします。ウールのコートの詳しいお手入れにつきましては、この日の日記をご覧下さいませ)

 

ちなみに、このときのスタイリングは、コートの下はエタブルの肉厚なツイードスカートですのでこれもウール素材。コートと同様に雪をパタパタはらえばOKです。その下のブーツはkokochi sun3hold-on hiで、事前に防水スプレーをふっていたこともあり、水シミはまったくできません!

hold-on hiのこちらのゴムソール(=ビブラム#4101)は、接地面積が多いため、滑りづらくて雪の日にはピッタリだと言われています。しかも足首周りの高さまであたたかいので、ホッとします。オーダーはいつでも承っておりますので、お気軽にご来店&お問い合わせ下さいませ!

 


上述いたしました「雪にも強い」ウール素材のアイテムの中でも、この真冬に、特にイチオシのアイテムを以下にご紹介いたします。これらは私自身が愛用しているアイテムや、着て下さっているお客さまからの評判がとても良いアイテムですので、かなりオススメです!

どれも在庫は残り1点となりました。来年以降も大活躍いたしますので、気になる方はぜひこの機会にお試し下さいませ!雪の日にもバッチリおしゃれに通勤&外出できてしまいます♪

 

LOKITHO 含浸加工されたウール生地のロングコート > 詳細・お買い上げはこちらから!
LOKITHO ジャカード織のコート > 詳細・お買い上げはこちらから!
  

 

LOKITHO ジャカード織のスカート > 詳細・お買い上げはこちらから!
LOWRUNDER プリーツキュロット > 詳細・お買い上げはこちらから!
  

 


東京はしばらく気温の低い日が続くという予報ですね。上質であたたかい冬物がまだございます。明日からの週末も通常営業で、多くのお客様のご来店とお問い合わせオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

<お問い合わせ>

  • 24時間以内に当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • 定休日(火曜日)以外であれば、お電話(03-6457-5360)でのお問い合わせが確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さい。

 

<メンテナンスガイド>結露を目安・目印に、カビの予防策をぜひ・・・!

こんにちは、インタレストです。

今朝起きてふと感じたことをつらつらと・・・。

もちろん地域にもよるのですが、目安として朝起きて結露が生じている真冬のシーズンは、衣類や革へのカビのリスクについて気をつけて頂けましたらと思います。東京地方でも昨年12月の半ばくらいから結露が見られるようになりました。

湿気(=水分)は下の方にたまっていくので、一番よろしくないのは窓中に結露が付いているようなこもった部屋の下の方に、革靴などが半ば密封されたような状態で置かれているケースでしょうか。この状態が数ヶ月続いたとして、カビが生えないと考える方が不自然かなと思います。


モーレツに寒い時期で「言うは易く行うは難し」なのですが、一番分かりやすいカビの予防策は、結露がなくなるくらいまでの時間、窓を少し開けて換気をすることです。毎日でなくても良いです。何日かに1度でもそうしてあげるととても安心です。

私自身は毎朝起きたらすぐに、ほんの小さな隙間ではありますが、自分の部屋(←すべての洋服と一部の革靴が集まっている)と寝室の窓をすぐに開けるのが習慣になっています。在宅する日も、午前中いっぱいは窓を開けたままにしておくことが多いですね。部屋にエアコンがない(=部屋の内部から温まることはない)ので、おおよそ数時間で結露は消えてしまいます。

もちろんパソコンに向かっているときなどは相当寒いのですが、この洋服を優先する生活、対策も含めてもろもろ慣れましたね・・・諦。

ちなみに、衣類よりもはるかにカビのリスクが高い革靴たち、その一番の安全地帯は玄関なんです。玄関はとても通気性が良い場所なので、下駄箱や紙の箱に詰め込んだりしない限り、革靴たちにとってはとても快適な場所です。エアコンの影響も受けにくいですしね。

特にこの時期の湿気は人間の身体にとってはとても貴重な存在なのですが、困ったことに衣類や革にとっては大敵です。私たち洋服好きとしては、両者のバランスを上手に取って生活したいところですね♪


カビが生えてしまっても焦らず悲観せず、正しい対策を・・・!

大切な革靴にカビが生えてしまったとしても、悲観しすぎることはありません。ウェブ上を検索すれば皆様でもできることが見つかりますし、優秀な専門のクリーニング業者さんも存在します。

この靴なんてカビで真っ白けですが、実はこの程度であれば自分自身でどうにでもなるんです。

それがカビだった場合、(1)ブラッシングでは取れないということと、(2)素手で触ったときに独特のぬめっとした触れ感があること、大まかにこの2点が判断材料になるかなと思います。

それでも、普通の手に入るカビ取りスプレー(モウブレイ「モールドクリーナー」)をつかってカビを落としたり・・・

水と洗剤(モウブレイ「サドルソープ」)をつかって丸洗いしたりして・・・

そのあとしっかり乾かせば、あれくらいのカビであればきれいさっぱりなくなります。

こののち4年以上経過していますが、一度もぶり返していません。

 


本日は以上です!

インタレストの店内はいつもカラッカラで、洋服たちにとっての最高の環境づくりを徹底しております。笑

健康で健全な洋服たちとともに、明日も多くのお客様のご来店とお問い合わせオンラインストアのご利用を、心よりお待ちしております!

 

<お問い合わせ>

  • 24時間以内に当店からのお返事が届かない場合は、(1)ご入力頂きましたメールアドレスにお間違いがないか、(2)そのメールアドレスがPCからの受信を許可する設定にして頂いているか、をもう一度ご確認頂いた上、お手数ですが再度フォームよりお問い合わせ下さいませ。
  • 定休日(火曜日)以外であれば、お電話(03-6457-5360)でのお問い合わせが確実です。在庫確認・確保やその他につきまして、その場でご対応可能です。ぜひお気軽にお電話下さい。